JBAニュース/イベント情報

去る3月、JBA(全国地ビール醸造者協議会)の主催により、「全国地ビール品質審査会」が開催されました。
本審査会の特徴は、官能評価(唎き酒)による審査だけではなく、独立行政法人 酒類総合研究所の協力のもと、出品ビールを化学分析・審査した点にあります。この審査会は、単に「おいしいビールを選ぶ」というだけではなく、化学分析の結果と官能評価によるコメントを全出品者(醸造所)にフィードバックすることで、今後の醸造技術の向上と、業界全体として地ビールの品質向上を目指して開催されました。
今回の審査会には、全国43社から、計83アイテムのビールが出品されました。

審査では、各ビールを化学審査と官能審査おのおので得点づけし、その合計点が一定水準を上回ったものを「入賞」と判定しましたが、化学審査において微生物汚染等、醸造工程に問題があるとされたビールに関しては、官能審査の評点が高いものでも、非入賞としております。
その結果、計50アイテムが本審査会において入賞し、入賞ビールの中から㈱信州東御市振興公社(長野県)の「オラホ アンバーエール」が最優秀賞となりました。

本審査会の入賞ビール表彰式は、5月22日(月)に東京都内で行われました。


□JBA 全国地ビール品質審査会(概要)
   ○実施の目的:全国各地に広がるビール及び発泡酒製造メーカーの醸造技術の向上。
   現状の品質を再確認するとともに、結果をフィードバックする事で品質改善に繋げる。また、今後審査会を定期的に実施することで、各メーカーの恒常的な高品質商品生産に資するとともに、ユーザー・消費者向けの“クオリティ保証”の基準となることを目指す

   ○主催:JBA 全国地ビール醸造者協議会
      後援:独立行政法人 酒類総合研究所

   〇審査対象(出品対象):JBA会員・非会員(全国のビール及び発泡酒製造メーカー)

   ○審査内容
      ①化学審査:分析項目)
         ph、酸度、有機酸(クエン酸、コハク酸、リンゴ酸、酢酸、乳酸)、比重
         原麦汁エキス分、アルコール分、外観エキス分、真性エキス分
         外観発酵度、真性発酵度、ガス圧、苦味価、微生物検査
         〇微生物は、10の3乗/ml以内を合格とする
            ※10の6乗/mlを超えると品質に問題が有る可能性が高い
         〇アルコール度数は、申告数値と分析数値の差が前後1%以内を合格とする
      ②官能審査:
          ・審査員:酒類総合研究所、国税庁、鑑定官室のビール官能評価の専門家に加え、
                        JBA会員のブルワー(醸造担当者)等の20名で構成した審査員
         審査委員長:酒類総合研究所 関弘行理事
   ○審査実施場所
      ①化学審査:東広島市 独立行政法人酒類総合研究所
      ②官能審査:東京都北区 旧・国税庁醸造試験所第一工場(通称:赤煉瓦造酒場)

   ○審査基準・入賞基準:
         審査は、成分分析と官能評価で一定のクオリティ基準に達したビールを“入賞”とし、
         その中から最も優れたビールを“最優秀賞”を1点決めそれぞれに賞を授与した。
   ○審査応募(出品)数:43社 83アイテム
   ○入賞数: 50アイテム ※別紙入賞ビールリスト参照
   2016年度全国地ビール品質審査会 入賞ビール・発泡酒一覧
   ○最優秀賞:入賞ビールのうち、もっともすぐれたもの1点
      (株)信州東御市振興公社製造の「オラホ アンバーエール」

JBA地ビール品質審査会 表彰式 入賞者のみなさん

最優秀となった、オラホビールの代表者(左)と石川JBA会長

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

日本最大級の商談会の一つ『スーパーマーケット・トレードショー2017』にJBA全国地ビール醸造者協議会としてブース出展致します。

全国のJBA会員のメーカー紹介はもちろん、全国から集まった100銘柄以上のクラフトビールのテイスティングも出来ます。
更に今年は、工場直送の樽生ビールの試飲も日替わりで提供致します。

百貨店・スーパー等小売業のバイヤー様、海外輸出を手がける商社やサプライヤーの皆さま、
また居酒屋・レストラン・Bar等の飲食関連の皆様、web・カタログ等の通販事業者の皆様、
私たちは、ありとあらゆる業界の皆さまのご来場をお待ちしております。

今回の会場は『幕張メッセ』です。

『第51回スーパーマーケット・トレードショー2017』
会期:2017年2月15日(水)・16日(木)・17日(金) 3日間
時間:10:00~17:00 (最終日は16:00まで)
会場:幕張メッセ全館
ブース番号:2-113 

詳しくは ↓ ↓ ↓
http://www.smts.jp/index.html   



※画像は昨年のものです。

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

JBAでが、(一財)地域活性化センターからの依頼で、同センターと(一社)移住・交流推進機構の
職員を対象とした「地ビールセミナー」を開催しました。

参加した職員のほとんどは、全国の自治体(道府県・市町村)からの派遣。
彼らに対して、以下のようなプログラムを実施しました。


①地ビールとはなにか?  講師:石川彌八郎(石川酒造社長 JBA会長)

・ビールの定義、「地ビール」の誕生~今日までの経緯
・JBAの活動について
・日本の地ビール業界の現状

 

②「地方創生と地ビール」 講師:石川智康(移住交流推進機構統括参事 JBA顧問・事務局長)

・地ビールが、農業や観光など周辺産業も含めた地域経済で果たしている役割や効果についての解説
・国の地方創生対策の目玉である「移住」において、とくに「地方で自分がやりたい仕事をつくる」
という点で、地ビールが実は実効的な役割を果たしていることを紹介(JBA会員アンケートにもとづく)

 

③地ビール・テスティング教室 講師:黄金井康巳(黄金井酒造社長 前JBA会長)

・ケルシュ、アルト、ヴァイツェン等、5種類のビールと発泡酒(果汁等の副原料添加)を試飲。
ビール文化の幅の広さを実感してもらいました

 

当日の参加者は約30名。

その多くが
「日本に沢山の地ビールがあることを知らなかった」
「一口でビールといっても、こんなに色々なタイプがあることに驚いた」
「地ビールは、地域活性化のためのよい材料だと感じた。自分の地域でももっと地ビールが飲まれる
ようになるといいと思う」
といった意見を述べていました。

セミナー終了後は、JBA会員11社のビールを飲みながらの交流会を実施。
当日開催されていた理事会から駆け付けたJBA理事数名も合流し、意見や情報の交換を行いました。

 

★このような「地ビールセミナー」実施を希望される方は、事務局あてにご相談ください

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

10月16日(日)、「フェリーさんふらわあ」の瀬戸内海デイクルーズ(神戸➔大分)で、
JBA地ビールフェスティバルが昨年に引き続き今年も行われました。

クルーズは午前10時30分に神戸港を出港、途中明石海峡大橋、瀬戸大橋、来島海峡
大橋をくぐり、美しい瀬戸内の風景を見ながら西進、午後10時に大分港に到着する
というスケジュール。
この日は約250名のお客様が乗船されました。

 

JBAのプログラムは・・・

◇JBA全国地ビールマッププレゼント
・全国の地ビールメーカー(JBA会員)の情報が掲載されています

◇地ビール展示コーナー開設
・ビールのうんちく展示や、全国の地ビール各社の容器展示とパンフレット配布、
コースタープレゼントなどを行いました   

◇地ビール試飲会実施
・航海中、2回実施。1回目は明石海峡大橋通過前後、2回目は瀬戸大橋通過前後。
巨大な海上建造物を見上げながら、国内各社の、いろいろな種類のビールをお楽しみ
いただきました(無料)
・北海道から九州まで、JBA会員から提供された全国20社の地ビールがそろいました

◇ビール研究家 村上満氏による「ビール・セミナー」開催
・演題は「私のビール人生」。
ご自身のドイツへのビール留学時代の話や、サントリーでのビールづくりの話、また、
世界のビールについての様々なうんちくなど、盛りだくさんな内容で、ビールに詳しい人も
そうでない人も、「なるほど」と感じる楽しい時間でした

◇地ビールテスティング教室 講師:宮崎ひでじビール永野時彦(JBA理事)
・いくつかのタイプのビールを解説付きで飲み比べ。
それぞれの特長を理解しながらのテスティング体験です

 

 

 

 

 

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

TPP協定の早期実現について酒類業中央団体連絡協議会からのメッセージがございます。

詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

通常夜行便として神戸〜大分間を運行しているフェリーさんふらわあが年に数回特別に
実施する「昼の瀬戸内クルーズ」。
次回、10月16日のクルーズでは、JBA「地ビールフェスティバル」を実施します。

ビール評論家・村上満さんによる「ビールセミナー」や、JBAメンバーによる「地ビール教室、
そして航路沿岸を中心とした全国の地ビールの「ティスティング会」など、盛りだくさんの
プログラムです(イベント・試飲会参加費は無料です!)。

美しい瀬戸内の風景を眺めながら、各地の地ビールを一緒に楽しみませんか?

◇運航スケジュール:10月16日(日) 神戸六甲港10:40発 → 大分港着 22:00
大分港到着後、翌朝まで船内宿泊

◇詳しくは、

フェリーさんふらわあ WEBサイト http://www.ferry-sunflower.co.jp/
予約センターTEL(06)6614-1013
まで

 

○2016.10.16.さんふらわあクルーズパンフレット

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

日本醸造協会主催の「第2回 清酒・ビール製造技術セミナー」が9月に実施されます。

今回はJBA前会長の黄金井康巳(黄金井酒造)及び会長の石川彌八郎協力のもと、地ビール特集が組まれています。

お申込み・詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

フェリーさんふらわあ



昨年好評をいただきました、「フェリーさんふらわあ 昼の瀬戸内・地ビールクルーズ」が今年も実施されます。
普段は夜行便の神戸〜大阪間のフェリーさんふらわあが、この日限定で昼間に特別運行され、JBA協力のもと、船内で様々な地ビールイベントが開催されます。

◇運航スケジュール:10月16日(日)
神戸六甲港発10:40〜(瀬戸内海クルーズ)〜大分港着22:00(その後船内宿泊可)
10月17日(月)8時頃 下船〜解散 

◇船内での地ビールイベント(予定)

    ・ビールセミナー:ビールの専門家によるセミナー
    ・地ビールテスティング(試飲)教室:地ビールメーカー関係者が解説します
    ・地ビール試飲コーナー①:九州〜中国四国〜関西圏10社の地ビール
    ・地ビール試飲コーナー②:全国20社の地ビール各種


※今年は、とくに「九州復興応援クルーズ」としてプログラム実行する予定です
※イベント等の詳細は、只今検討中。決まり次第、当HPでお知らせします

◇クルーズのお問い合わせ先:フェリーさんふらわあ予約センター TEL(06)6614-1013


昨年の様子


カテゴリー JBAニュース/イベント情報

  5月31日に行われたJBA2016年度通常総会で、理事・役員の改選が行われました。
  新会長には、石川酒造株式会社(多摩の恵)代表取締役社長の石川彌八郎が就任するほか、黄桜酒造の柳内敏靖が副会長に、また、富士桜高原ビールの宮下天通、那須高原ビール(株)・小山田孝司、(有)二軒茶屋餅角屋本店・鈴木成宗、宮下酒造(株)・宮下晃一の4名が新理事に就任します。
  なお、4期8年にわたって会長をつとめてまいりました黄金井康巳(黄金井酒造)は当分の間、会長特命の「税制担当理事」として、国や酒類業界団体などとの交渉・折衝にあたります。
  新しい理事・役員体制につきましては、こちらをご参照ください。
 

カテゴリー JBAニュース/イベント情報

JBA恒例となりました「ブルワリーツアー」、次回の実施が決定しました。
今回は、久々の首都圏編。 昨年開通した圏央道を通って、
      湘南ビール
      さがみビール
      多摩の恵
3つの醸造所を回る日帰りツアーです。

 

訪問する醸造所では、それぞれのビールの製造工程の見学と合わせ、「できたて」 地ビールの試飲もお楽しみいただけます。 全行程貸切バスでの移動ですので、飲酒運転の心配もありません。

 

地ビール三昧の春の一日をお楽しみください!



詳しくは、「パンフレット」をご覧ください。 先着順の受付となりますので、お申し込みはお早めに!

ご案内:JBAブルワリーツアー Vol.8 JBAブルワリーツアー圏央道編募集パンフレット
PDF

カテゴリー JBAニュース/イベント情報 JBA全国地ビールブルワリーめぐり

 1 2 3 4 >>

「地ビール」でTwitter検索